2週間交換コンタクト 即日発送

MENU

2週間交換コンタクト

レンズボンバー・AREDZ(アレッズ)コンタクト・レンズアップルに共通して、取り扱っている2週間交換コンタクトコンタクトレンズは以下となります。

 

ジョンソン&ジョンソン製品(2ウィークアキュビュー、アキュビューアドバンス、アキュビューオアシス、2ウィークアキュビューディファイン)

 

ボシュロム製品(メダリストII、メダリストプラス)

 

アルコン製品(エアオプティクス・アクア、フォーカス2ウィーク)

 

アイレ製品(ネオサイト14)

 

シード製品(2ウィークファインUV)

 

ロート製品(iQ14 アスフェリック)

 

 

AREDZ(アレッズ)コンタクトとレンズボンバーでしか取り扱っていないレンズは以下となります。2週間交換コンタクトにおいては、レンズアップルのみで取り扱っている商品はありません。

 

AREDZ(アレッズ)コンタクトとレンズボンバーでのみ
ロート製品(ロートモイストアイ)
シンシア製品(キャンビュー)
アルファコーポレーション製品(2WEEKエコロ)

 

 

全体的にみると、1日使い捨てタイプと比較して、2週間交換タイプのコンタクトの方が、若干種類は少なくなっています。使い捨てコンタクトの主流が1日使い捨てタイプに移行していることも影響しているのかもしれません。ただし、これは1日タイプの方が優れているという意味ではなくて、コンタクトレンズメーカーが、1日使い捨てタイプの販売に力を入れている結果かと思います。

 

毎日交換できるワンデータイプの方が衛星面では優れていると言えます。ただ、2ウィークスタイプも、毎日の洗浄を正しく行えば、当然衛星的にも全く問題なく使用できます。2週間タイプで問題が発生するのは、この毎日の洗浄を、面倒くさがって正しく行わなかった場合です。正しい手入れさえきちんとすれば、2週間交換コンタクトの方が、経済的なレンズですので、お得です。

 

AREDZ&レンズボンバーとレンズアップルの価格の比較をしますと、2ウィークアキュビューでは、AREDZとレンズボンバーでは2280円で、レンズアップルは1980円。アルコン社のエアオプティクス・アクアでは、AREDZとレンズボンバーでは2380円で、レンズアップルでは1980円となっています(価格は変動することがあります)。

 

だいたい、レンズアップルの方が15〜20%割安になっているようです。1日使い捨てコンタクトが、約30%の価格差だったのに対し、2週間交換コンタクトの方が、若干ですが、価格差は小さいようです。

 

2週間交換コンタクトにおいても、価格で選ぶならレンズアップル。即日発送(翌日到着)の必要性が必ずあるならAREDZ(アレッズ)コンタクトとレンズボンバーという選択になるかと思います。