コンタクト レンズデータ 注文

MENU

注文時に必要なコンタクトのレンズデータはこれです

せっかくコンタクトレンズを即日発送可能なお店を見つけても、あなたの手元にレンズデータがなかったら、即注文することさえできません。あなたに必要なコンタクトレンズのデータを、しっかりととあなたの手元に用意して、注文作業にあたって下さい。

 

あなtに必要なレンズデータは、すでに同タイプのコンタクトを使用しいていましたら、コンタクトケースに記載してありますし、今回がはじめての場合は、処方箋に記載してある数字を確認して下さい(処方箋不要のお店でも、はじめてのコンタクトのときには眼科から処方箋を入手して下さい)。

 

近視補正用コンタクトに必要なレンズデータ

 

BC(ベースカーブ)
コンタクトの球面のカーブの度合いを表した数値です。2週類から選ぶ場合が多いですが、レンズによっては1種類のみの場合もあります。数値が大きいほうがカーブが緩くなります。間違ったカーブを選定すると、眼球が締め付けられた感じがしたり、逆にレンズがずれやすく感じることがあります。

 

PWR(レンズ度数)
コンタクトレンズの視力補正度数を表す数値です。あなたの瞳とレンズとの独自の相性もあるようで、裸眼の視力が同じ度数の人でも、人によってPWR(レンズ度数)が異なる場合もあるとのことなので、最初にきちんと計測しておく必要があります。近視用はマイナスの数値となり、視力が悪いと大きい数字が必要になってきます。ちなみにレンズ度数0.00は度なしレンズで、カラコンなどで使用されることが多いです。

 

 

乱視用や遠近両用のコンタクトは、即日発送は難しいケースも多いですが、念のために必要なレンズデータ情報をお伝えしておきます。

 

乱視用コンタクトは、以下のレンズデータも必要となります。

 

CYL(乱視度数・円柱度数)
乱視の程度を表しています。数字が大きいほど、乱視の度合いが大きいことになります。

 

AX(軸数)
乱視の方向を表します。0,90,180などの数値となります。レンズ軸が水平だと数値は0、垂直だと90になります。0付近場合は、の乱視を直乱視となり、90付近の乱視を倒乱視と言います。それ以外につきましては、斜乱視と言われています。

 

 

遠近両用コンタクトは、以下のレンズデータも必要となります。

 

ADD(手元補正度数・加入度数)
遠近両用の「近」の方で、近くの手元を見る際の度数のことです。通常のレンズ度数(PWR)の数字に対して、手元の度数をどれだけ緩めるかを表わしています。例:PWR-8.00 ADD+1.00。